〔TOP〕  〔レパートリー〕  〔プロフィール〕  〔LIVEレポート〕  〔ギャラリー〕  〔リンク〕  〔インフォメーション〕  〔スケジュール〕  〔BBS〕

ライブレポート(過去2)

2009、10、4 ピンクパンサー30周年コンサート

今年でピンクパンサー結成30周年という記念コンサートを、中華街にあるローズホテルヨコハマで行いました。当日は多くのファンの方に来ていただき、本当にありがとうございました。
そして、ライブが始まると10年ぶりに会う方や、いつも来てくださるファンの方の熱気でバンドのメンバーも、自然にヒートアップしたステージになりました。それから、途中の挨拶ではメンバーの事を色々と話そうとしたのですが、感極まってしまい孝美に助けられる場面も。20年以上バンドを支えてくれているボーカルの小嶋孝美、プライベートを含めると一番長い付き合いになるギターの広川典男、そしてドラムの鮎川、キーボードの中道、サックスの秀樹も10年以上ピンクパンサーで頑張ってくれている頼もしいメンバーです。もちろん、ボーカルのジョーも大切な仲間です。
この素晴らしいメンバー達に支えられて、ピンクパンサーを頑張って続けて行きますので、これからも皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします!

PINK PANTHER 高野正彦

2008, 2/1 横浜フライデー

横浜は関内のライブハウス・フライデー出演は何年ぶりになるのだろうか。
5.6年ぶりかな、、、
マスターも従業員の人達も昔とかわらず暖かく迎えてくてました。

来てくれたお客様も懐かしい人たちで超満員!
一瞬、昔にタイムスリップしたような感じでした。
次回のフライデー出演は4月29日となりますので、また是非遊びに来て下さいね。


2007, 7/14 小嶋孝美復活ライブ

台風4号が日本を横断しようとしているまさにその時、新横浜はラポールシアター
にて小嶋孝美復活ライブを行いました。
様々な警報や注意報が出ているなか会場にお越し下さった皆様、本当にありがとう
ございました
。また、横浜方面でのライブは久しぶりなので10年以上も会ってない
ような顔も見れて懐かしさと嬉しさでいっぱいでしたよ。
ホールライブということですべて座席だったにもかかわらず皆さん立ち上がって
踊ってましたね。
これで
小嶋孝美も完全に復活しましたのでまた次回のライブ遊びに来てください。

PS このライブを企画していただいた石塚様およびスタッフの皆様に感謝します。

2006, 12/7 PinkPanther クリスマスライブ

ちょっと早いクリスマスライブでしたが楽しんでいただけたでしょうか?
お客様の数はいつもより多少すくなかったとはいうもののすごい盛り上がり
でしたネ!ダンスフロアーはなくともみんなその場で立ち上がり踊ってました。
またバラードになると誰一人として話しなどすることなく、曲に聞き入っていただける
ピンクパンサーのファンの方々はさすがだなと思いました。
来年も最高のライブを目指して行きますのでいままで同様
応援を宜しくお願い致します。

PS キャサリンさんが撮ってくれた写真をギャラリーにアップしましたので
   見てください。

2006, 08/19 PinkPanther ライブ

ライブに足を運んでいただいた皆さん有り難うございました。
おかげさまで今回のライブはいつも以上に盛り上がりました。
超満員のお客さんの熱気とメンバー全員の熱気でグラフィティの
エアコンも全然効かずという状態でしたね。
今回作っていただいたピンクパンサーのロゴディスプレイも
ステージを盛り上げる演出に一役かっていたのは間違いありません。
いろいろと試行錯誤してご苦労をかけて製作していただいた
石塚様にこの場をかりて御礼申し上げます。
またピンクパンサー・小嶋孝美「あなた,,,ANATA」が有線放送(USEN)
にて配信されるようになりました事にも力を貸していただき重ね重ね
御礼申し上げます。ちなみにチャンネルは1と2と4チャンネルという
ことなので皆さんリクエストのほうもよろしくお願いしますね!
ピンクパンサーは更にパワーアップしていきますので
これからも応援よろしくお願いします。


2006, 02/25 PinkPanther ライブ

週間天気予報をみごとに裏切り2006年初ライブ当日は晴天となりました。
日頃の行いの成果と勝手に納得しております?
1stステージ直前のPAのハウリングなども多少ありましたが
本編にはいってからはいつも通りピンクパンサーとお客さんが
一体となって盛り上がっていきました。「ゲットレディー」で秀樹が
客席に乱入した時は盛り上がりのピークとなり、熱狂的な阪神ファンの方から
肩にタオルをかけられ、ステージ戻って来たときにはまるで矢沢永吉のようでも
ありました???その後の中道とのソロのバトルも最高!
アンコールの「Down to the bone」のドラムソロも良かったな〜!
鮎川くんありがとう...感謝!

次回ライブは日程が決まり次第 information等でお知らせいたします。

2005, 11/23 PinkPanther ライブ

こん○○は!
ピンクパンサーのライブに足を運んでくださった皆さん、
本当にありがとうございました。
今回は当初出演するはずだったサックスの貴雄が左手の
負傷のため急遽欠席しなければならなくなるというアクシデント
があり関係者の方々には大変ご心配をおかけしました。
手術も無事に終わり順調に回復に向かっているとのことですので
ご安心ください。
 一人少ないので寂しいのは仕方ないことかも知れませんが、その
分までも補おうとするチームワークの良さが、ピンクパンサーのパワー
に繋がっているんだと再認識しました。
 貴雄、早く戻って来い!みんなで待ってまーす!

では 次回12月19日のクリスマスライブをお楽しみに!

2005, 8/14 PinkPanther ライブ

皆さん、こんにちは!
今回のライブレポートはDrums鮎川が担当します。
赤坂グラフィティ初出演となった今回のピンクパンサーLive、いかがだったでしょうか?
個人的には、みんなの音も良く聞こえ、店内の雰囲気もいい感じで楽しくできました!
しかし当日を迎えるまでの不安材料も多々ありまして、まずは新曲の愛のコリーダ!
これが、なかなかの曲者だったんですが何と言っても大変だったのがコーラスでした。
普段あまりコーラスはやっておらず、やっても簡単な曲しかやらないので苦戦しました。
他にも何曲かコラースを参加したんですが、やはり難しいですね、、、 全国の歌うドラマーさん達へ一言!「尊敬します」
そんな想いを抱えつつ当日を迎えたわけですが、いざ開演したら、そんなものは一瞬で
かき消されテンションはいっきに上昇!あっ!よくですねぇ「いつも平静を保ってラクそうに
叩いてるように見える」と言われるんですけど、こう見えて結構いつもハイテンションなんです!
さて、本番も終わり恒例の“朝まで打ち上げ”の時間がやってまいりました。
今回もピンクパンサーの打ち上げ奉行S君のはからいで、すっかりお馴染みになった六本木の
某高級居酒屋「わ○み」にて行われました。S君によると「日曜の赤坂は朝までやってる所無い
んすよぉ!なので六本木に予約入れたので移動してくださーい!」 さすがですね。
この日も始発近くまで宴は行われ解散したわけですが、
その後2軒目、3軒目と行ったメンバーがいたかどうかは、さだかではありません、、、
メンバーの方々、お疲れ様でした!そして来て下さった皆様、ありがとうございました。

2004, 9/4 PinkPanther 結成25周年ライブ(3)

こんにちは、ギター担当の堀です。9/4のライブには荒天にもかかわらずたくさんの
方に来ていただき有難うございました。楽しんで頂けましたか?
今回でステージにのせて貰うのは3回目ですが、素晴らしいミュージシャンとプレー
できて本当に嬉しく思っています。今から12月23日のライブが楽しみで、より練習
して今まで以上の演奏ができるよう頑張りたいです。今回、高野氏からのご指示で
このコーナーに書かせて頂きますがライブというよりはアフターライブについて
少し触れてみたいと思います。
今回の打ち上げは六本木の某高級居酒屋わ○みで、数日前から気のきくS君の予約
で、土曜日でしかも大人数にも関わらず余裕でスタート。気持ち若手組と年長組に
分かれたように感じたのは私だけでしょうか?リーダーの感想の後、各々好きな
飲み物で乾杯。ビール組のピッチは早く、アッと云う間にグラスが空いて「まいうー」
の連発。会話の内容は今回のライブからプライベートまでとにかく皆の話が面白可笑しく
苦しく成る程に笑わせて貰いました。何回か同じメンバーでプレーしているので、
常にリラックスして最高の雰囲気。特にリーダーのT氏とJ君とT嬢の絶妙掛け合い
は皆に大受け、そこに次々に若手組が
放り込まれ、宴たけなわとはこの事か。
すぐに予約時間が終了、そこで前出の交渉係のS君の出番。巧みな話術で見事交渉
成立、そのまま閉店時間の5時まで続き、次回ライブの健闘を誓い合い一次回は終了。
今回改めてピンクパンサーの素晴らしさを感じた一日でした。又、皆に追いて行く
のはなかなか大変な事だと思いますが、よろしくお願いします。

 PS  一寸呑みの足りないT氏と年長組は勢いよく朝靄の中に消えていきました。
    打ち上げは朝8時過ぎまで続き、さらにその夜の6時に再会して飲み会は
    深夜3時過ぎまで続いたようです。

 

2004, 5/29 PinkPanther 結成25周年ライブ(2)

今回は特別なライブとあって開演前から異様な盛り上がり!!
当日用意したチケットも完売し急遽番号だけを書いた紙を使うほどの大盛況!!
本当のありがとうございました!
今回はホーンセクション7名、ゲストギタリストに俺の大親友 堀邦雄、そして
元ピンクパンサーの野澤孝一を迎えてのスペシャルライブ!
いやー、今までのライブの中でもベストと言っていいほどのライブでした。
超満員の客席と、15名のメンバーが一体となったエネルギーは全37曲3時間
以上のステージを、今までに経験した事のない素晴らしいものにしてくれました。
本当にいつも温かく応援をしてくださるファンの皆様、そして今回参加してくれた
メンバー全員にこの場を借りて御礼申し上げます。
本当に有り難うございました
これからも、今までと変わらぬ応援を宜しくお願い致します。
                
               Pink Panther 高野正彦


2004, 3/19 PinkPanther 25th Anniversary(1)

ライブを見に来て下さった皆様にまず「ありがとうございました」とこの場をかりて
言わせて頂きます。
そしてピンクパンサーの皆様、お疲れさまでした。
今から5月のライブが楽しみです。
                   SAX 貴雄


とても緊張と楽しさと感動の入り混じったステージでした。
自分の反省点が多すぎて、でもお客さまのテンションにのって最高な
気分を味わってとても幸せな一時でした。
また早くみなさんと一緒に幸せな一時を過ごしたいです。
                  TP  貴子


今回初めてピンクパンサーに参加させてもらってたくさん得るものがありました。
25周年という大事なステージで初参加の自分がいきなりソロとか吹かせてもらって緊張
しましたが、周りのメンバーに恵まれてとても楽しめるライブでした。
演奏するのはもちろんお客さまと一緒に踊り、一体感があって気持ち良かったです。
また5月にお邪魔させてもらいます。
                  TP  菊地


お客様のノリが凄く良くて僕も踊りすぎて楽器をぶつけへこみました。
まあいつものことですが楽しいLiveでした。
                  Tb  勝部


2003, 3/16 TAKAMI 20th ANNIVERSARY

レポート本編

みなさんこんばんみ!
今回初参加させて頂いた新参者の「浜村JUN(偽名)」です!
今回初参加、、、と、言うか、、、
高野さんや、孝美さんとお会いするのも今回が初めて!
っと言う、ほんとに僕なんかが参加していいのだろうか、、、
なんて事考えながらの参加でした!
約1?年位前、先輩に初めてピンクパンサーを教えてもらった時、
「ええか、Jun、あれがピンクパンサーじゃ!バンマスの高野さんはそれはもう
 音に厳しい方で、体育会系で、ビシバシやられるらしいぞ!Junもその内トラとか
で行って鍛えてもらえ!」
なんて事植え込まれたものだからそりゃ〜もう怖かったっす!
あれ?長くなるなぁこりゃ、、、やめとこ!
まぁまぁそんな事も含めつつレポートさせて頂きます!
では!、
今回一番僕が驚いたのはリハーサルです、(ユースケさんにも驚きましたが、、、)
やっぱり聞いてた通りでした、細かい所まで凄いシビアでした、
だって、初日は4時間居て3曲しか出来なかったんですよ〜〜!?どうすんのっ?っ
て感じです!
それに、、、高野さんの耳のいい事!
楽団の指揮者が全てのパートを同時に聞き分けるって言うあれです!
次から次にあちらこちらに「君こうだね!あなたあぁ〜だね!?」
リハーサル中はもう目が合うのが怖かった、、、、
マジで、目線がこちらに来て通り過ぎた時のあの安堵感!ッたら無いっすよ!本当
にっ!
孝美さんもコーラスの「え?そんな所まで聞いてるんですか?」みたいな、
僕なんかは自分が歌っている時、他の人(3〜4人居る)のコーラスなんて
聞いてる余裕無いのに、、、、孝美さんときたら「誰か歌詞間違ってる!」等な
ど、、、、
なんで歌ってるのに聴きとれるんですか〜〜〜?!なんて心の中で叫んでました、
いけない事なんですが、最近は自分のBANDではこんなこんなにきっちりやって無かっ
たなぁ、、、なんて反省させられました!
なんか、1ランク上に上がらなきゃ!って痛感した!高野さん呼んでくれてありがと
う!です!

さて、そんなリハーサルを2回、合計8時間行って、いざ本番!
この日はあいにくの雨模様、、、
本番前のリハーサル、やはりPAの人達と音について、
良い音になるよう綿密に打ち合わせする!流石にここでもシビアでした!
そして、本番、
今回の僕のテーマは二つ!
 「ピンクパンサーで何処までやるか!?(俺流で、、)」
         &
     「小嶋孝美呼び込み」
今回僕が一番緊張した「小嶋孝美の呼び込み」もなんとか噛まずに済み、
前半ノリノリで、お客さんも堪らず踊りだす、っといった感じ、、、
そして迎えた1St目の目玉!”新曲バラードコーナー”
MCを挟んで5曲ぶっ続け!!これには僕もたまげた!
僕も客席から見ていたのですが、
大体、バラード5曲もやれば普通お客さんダレたりするのに、
全曲、静粛なムードでしっかり聞かせる小嶋孝美の実力たるや、、あな恐ろし
や、、、
そして何よりも全曲しっかり聴いてくれる”お客さん”が居る!!居る!居る!なん
て暖かいんだろう、、、
”ピンクパンサー”も”ピンクパンサーのお客さん”もどっちもカッコよかったです

お見事!でした!
そして、それをバッチリサポート(気持ちの上でも)していたメンバ〜、
特にバラードでは”Guiの広川さん””Keyの中道さん”すばらしかったです!拍手で
した!

そして、2回目のステージでは、孝美さんを驚かそうと、
予てから根回ししていたドッキリバースデー!!それまで気丈にステージをこなして
いた”孝美”さんも
バンマスの言葉にホロホロ、、、、等など
あっという間に時間は過ぎ、アクシデントもなく最後までノリノリで、そして涙あ
り、笑いあり(?おれだけ?)、、、、
で、無事終了!
最後の打ち上げでは、電車が走るまでメンバー全員で楽しく過ごしましたとさ!
なんか、打ち上げに行って高野さんや孝美さんと沢山お話できてやっと打ち解けれた
気がする、、、、遅い!

最後にこの場を借りて、
今回の僕のテーマの一つ、
俺流でピンクパンサーで何処までやるか!?を
あそこまで出来たのは”K系軍団””ASIA系軍団”の応援があったからです!本当に
ありがとう!
そして、ピンクパンサーの皆さん!
ゲストの”アキラさん””ゆうすけさん”ありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします!


六本木グル−ヴィン  2002/9月29日(日)

 今回のライブレポートは、高野が担当します。
 グルーヴィンは、私の親友でピンクパンサーの仲間でもある、堀 邦夫氏の店です。
 気心が知れた店、そんなアットホームな雰囲気の中で、7時半すぎ 1st.ステージが始まり、
 メンバー全員リラックスした演奏が進むなか、ステージ後半に演奏したオリジナル曲
 『SOOTHE ME』を聞いて、泣いているファンの人を見て、さすがにグッときました。
 孝美Vo.のバラードを聞いて、泣いている方をよく見かけますが、バンド冥利に尽きますね。
 
 2nd.ステージでは、堀氏もギターで3曲ほど参加し、渋いブルースを聞かせてくれ、
 もちろん後半、そしてアンコールまで大盛り上がりのパーティーで、孝美は2ステージ合わせて
 30曲ほどを1人で唄いきり、広川君G.と秀樹Sax.は客席に乱入し、中道Key.は、さすがの
 ファンキーなピアノで、その場を盛り上げ、鮎川Dr.のプレイは、見ていたディズニーシーの
 ダンサーからも、絶賛の嵐! アンコール前に弦を切ってしまった私は、そのままのノリに
 流されて、アンコール3曲を弦2本で弾くはめに!
 そんな勢いのなか、ピンクパンサーは、打ち上げに突入したのでした(笑)

 是非 また近いうちに、グルーヴィンでライブをしますので、ヨロシク!!!!

2002, 9/1センセーションライブ

ども、今回のセンセーションのライブに初参加させてもらったドラムの真島です。
ちと遅くなりましたがレポート提出って事で!いんやぁ大変でしたばい!
全曲覚えても、そこが第一歩みたいなもんなので、他のバンドで6回やるよりシビれました。
でも終わったあとの爽快感は近年マレにみるもので、なかなかのもんでした。
メンバーもすんばらしい人ばかりでヒジョーに楽しくやれたと思いまする。
見に来てくれた人達も「また、呼んでね」って言ってもらって、つくづくやってよかった
なと思いますよ。バンマスの高野は、あ、高野さんは、すごく厳しいおひとで、ましてや
ベースなのでドラムに対する要求がなかなか大変で往生しましたけど、ひとつ自分のレベル
を上げるために、理解しよーと頑張っときました。が、しかしまだまだなので、またよろしくお願いします。
ってな感じです。センセーションに見に来てくれた方々も、これから優しく接してください。
ども、ありがとうございました。失礼しまーす。
わに

12/24センセーションクリスマスライブ


2001年最後のライブとなりました。盛り上がりましたねー!
1st/2ndステージともクリスマスソングでのスタートはクリスマスイブの雰囲気を
さらに盛り上げ、ダンスナンバーへ突入。
選曲もロックンロールありリズム&ブルースありとバランスもばっちりでした。
この日のために苦労して仕上げた「The Christmas Song」も本番はうまくいき
もう感涙にむせぶ夜となったのは私だけでしょうか。この難曲を奮闘努力して
採譜してくれたキーボードの中道に感謝!感謝!
2002年もがんばるぞー!


9/23センセーションライブ


秋晴れ真っ直中!いい天気です。
今回で何回目になるんだろうか?センセーションでのライブ。
総勢10人のメンバーのアンサンブルもキッチリとまとまってきました。
孝美ちゃんのパワフルボーカルはもちろんのことホーンセクションの
パフォーマンスは最高でした。来てくれたお客さんの中には「ホーンセクションを
ステージにあげるべきだ」という意見もあり、リズム隊がステージ下になる日も近いかも?
連休による渋滞のため途中から来てくれたお客さんも即ノリノリで楽しんでくれて
さすがピンクパンサーのファンはファンキーだなーと実感!
ありがとうございました。


7/29 千葉ピーナッツボール

先月29日の千葉ピーナッツボール、本当にお疲れさまでした。
いつも何かがある千葉ピー(笑)ですが、音のバランスも良くてすごく演りやすく
とても気持ちよく出来ました。
お客さんも、最初のほうは様子見なのか、座って楽しんでという感じでしたが、
後半には大盛り上がり大会で、Kyuさんも炸裂!並木酒店の主人のステップも
絶好調(・_・?)と、とても良いステージでした。
それにしても、やっぱり千葉は暑かった....(@_@)
                           By 秀樹


7/8センセーションライブ


雨の少ない梅雨も終わりかけの7/8、珍しく雨が降るとの事前の予想も
覆し、うだるような暑さと共に迎えました。
ピンクパンサーにとってもセンセーションでのライブは何回目かになりますが、
常に前回よりもいいステージを目指して、取り組んできました。
今回も新しく中根信博(Tb)を加え、総勢10人の豪華なメンバーで
ステージを迎えました。

内容は2ステージ。各ステージ90分です。
最近のピンクパンサーはバンド結成当初のコンセプトに立ち返るような、
Soulものの、多少マニアックなレパートリーを増やしたりもしてきました。
しかし今回はダンスを意識し、より踊れるステージ構成で臨みました。
その結果見事に適中。多くの方に喜んでもらい、得に2ndステージの
10曲ノンストップは大変な盛り上がりとなりました。
もちろん、ダンス物だけがピンクパンサーの魅力じゃありません。
既成概念からはずれて新しいアレンジで臨んだ「上を向いて歩こう」、
今年になって出来た、小島孝美(Vo)の作詞作曲の「ANATA」を始めとした
バラード郡も、うって変わったコンサートのような静けさで、
聞いてもらいました。

全体としてメリハリのきいた2ステージはあっと言う間に過ぎていきました。

演奏する人たちがいる、それを聞いて喜んでくれる人たちがいる。
そういったライブとしての原点を見るような、そんなライブだったと思います。
ピンクパンサーは20年以上こういったライブを続け、これからも続けていくでしょう。
次回もフロアが一つになるような、最高のライブを目指して行きます。

7/8センセーションライブ、観ていただいた方々、ありがとうございました。(By 中道) 


-------速報--------

3月11日(日)の”おたま”でギターの件に関してKyuちゃんこと矢嶋久生からコメントを
いただきましたので報告させていただきます。(以下 本人談)

実はライブ後ギターを見てみたら弦はボロボロでフレットには傷がつき
弦が引っかかって最悪でした。
とりあえず サンドペーパーで擦ってどうにか直りました。教訓 皆さん
おたまでギターを弾く時(弾く奴いるか?)金属性の物はやめましょう!

                  速報おしまい

3月17日(土)

キャロルハウスのSet Listです
この前の六本木センセーションから参加してくれたボーカリスト”Joe”もパワフルな歌を
聴かせてくれました。ありがとう。

1st.Set 2nd.Set
Soul with a capital"S" Turn the beat around
Unchain my heart 裏切り者のテーマ
-----MC------ -----MC------
I'll be there 青い影
Open arms Saving all my love for ypu
-----MC------ -----MC------
Love machine No way home
That's the way Got be real
Shake your booty Get ready
I feel good I wish
All my honey Livin'La Vida Loca
Misty blue If you don't know me by now
-----MC------ -----MC------
Down to the bone Sir Duke
ルシール            Jhonny B.Good
Twist again
Long train runnin'

3月11日(日)

千葉ピーナッツボールでのライブも約9ヶ月ぶり。メンバー全員風邪も全快。ステージも全開でした。
ボーカル小嶋孝美の歌はもちろんのこと、Kyuちゃんのパフォーマンスはまたまたパワーアップ。
前回は厨房からフライパンを持ち出してのギタープレイだったのですが今回は更に”おたま”まで
持ち出しての白熱ぶり。しまいにゃ”おたま”でギターをたたいてました。
あのお方はどこまでやるんだろう(・_・?)
                        

3月4日(木)

ほんとにほんとに久しぶりのライブリポートになります。
六本木センセーションでは2回目のライブとなりましたが、今回は
ボーカル小嶋孝美の作詞作曲によるオリジナル曲「あなた」も発表し盛りだくさんのステージ
となりました。メンバーも若干の風邪気味モードはあったもののなんのその爆発しました。
また次回もがんばりまっせ。

過去のライブリポートはこちら


【Profile】 【live Report】 【Information】 BBS 【Link】